ニュース

2016年7月27日
BBソフトサービス株式会社
PayPal Pte. Ltd.東京支店

【お知らせ】BBソフトサービス、ペイパルユーザー支援ソフトウエアの提供を開始
個人事業主のビジネスを支援~中小企業・個人事業主向けにソフトウエアサービスを提供~

ソフトバンクグループのBBソフトサービス株式会社(本社:東京都港区、社長:溝口 泰雄、以下「BBSS」)はPayPal Pte.Ltd.(本社:シンガポール、東京支店カントリーマネージャー:エレナ・ワイズ(Elena Wise)、以下「ペイパル」)と、中小企業、個人事業主向けのビジネス支援ソリューション提供に関する業務提携を開始いたしました。

BBSSではスタートアップ支援ウェブストア「Bizサポート」(http://licenseonline.bbss.co.jp/stu)を開設いたしました。多くの中小企業や個人事業主が抱える、ウェブサイトの構築や翻訳、電子メール運用等の課題解決として社外のサービスを利用する場合もどれを選択するのが良いかわからず導入に躊躇してしまうユーザーが多いのが現状です。BBSSでは法人向けに提供している「会計代行」「翻訳ソフト」「ECサイト構築ソフト」「メールサービス」「写真加工サービス」などのサービスをペイパル決済に対応させるとともに、ペイパルと共同して中小企業、個人事業主に最適なソフトウエアサービスの提案、導入サポートを推進します。両社の協業によってペイパルユーザーの経営課題の解決や事業拡大をサポートしてまいります。

BBSSは、これまで国内外の50社を超える、通信事業者、ISP、量販店、パソコンメーカーなどの販売パートナーへ、大手セキュリティーソフトをはじめとする様々な月額ソフトウエアサービスを提供してまいりました。今後も国内・海外での事業展開を推進し、ステークホルダーとタッグを組み「安心・安全・使いやすい」サービスで、便利で快適な世の中の実現に貢献してまいります。

PayPalについて

ペイパルは1998年の設立以来、お金のやりとりをもっと自由に、もっと安全にすることを目指し、一貫してデジタル決済のイノベーションに努めてきた米シリコンバレーのフィンテックカンパニーです。ペイパルは、消費者に対して安心・便利なネット、リアルそしてモバイルでのショッピングや個人間送金(※1)を実現するデジタルウォレットサービスを提供する一方、ビジネスに対しては シンプルかつ低コストな決済ソリューションから、越境 EC・訪日観光 EC、モバイル・アプリ、シェアリングエコノミー(C2C スキーム)、または次世代ショッピング&デジタルコマースまで対応できる幅広いプロダクトやサービスを提供しています。現在では202の国と地域で、100通貨以上での決済、57通貨で銀行口座への入金、26通貨(※2)での支払いの受け取りが可能なネット決済のグローバルスタンダードとして、1億8,400万人および1,000万のビジネスが世界中でペイパルを利用しています。ペイパルは世界をリードするオープンデジタル決済プラットフォームとして、昨年約50億件の取引を決済し、うち14億件はモバイル決済でした。

※1 日本では個人間送金および個人の銀行口座からの支払いには対応していません。
※2 日本では22の通貨に対応しています。

ストア名称

「Bizサポート」
ペイパルユーザーのスタートアップを支援します。

URL

http://licenseonline.bbss.co.jp/stu

提供商材一覧
  • モバイル写真加工ソフト
  • 容量無制限ストレージソフト
  • マルチデバイスセキュリティソフト
  • 詐欺サイト検知ソフト

以上

会社概要
会社名
BBソフトサービス株式会社
所在地
東京都中央区銀座六丁目18-2 野村不動産銀座ビル14階
代表者
代表取締役社長 溝口 泰雄
設立日
2006年1月17日
株主
ソフトバンク コマース&サービス株式会社 100%
業務内容
ブロードバンドを利用したコンシューマー・SOHO用アプリケーションサービス、およびオリジナルアプリケーションサービスの企画・開発・販売・運営
URL
http://www.bbss.co.jp/
  • その他、このページに記載されている会社名および製品・サービス名は、各社の登録商標または商標です。