ニュース

2013年

2013年12月19日
BBソフトサービス株式会社

警察庁と連携してインターネット詐欺サイトのブロックを強化~海外のネットショッピング詐欺サイトや偽ブランド品販売サイトへのアクセスを警告~

ソフトバンクグループのBBソフトサービス株式会社(本社:東京都港区、社長:溝口 泰雄、以下「BBソフトサービス」)は警察庁と連携し、同庁からインターネットショッピングに係る詐欺や偽ブランド品の販売を目的とするサイトの情報などの提供を受け、BBソフトサービスが提供するセキュリティー対策ソフト「Internet SagiWall™(インターネットサギウォール)」に組み込み、2013年12月下旬からブロック機能を強化します。

警察庁では、海外のサーバーを通じて実在の企業を模したサイトや、インターネットショッピングに係る詐欺、偽ブランド品の販売サイトによる被害が増加し続けていることを受け、各都道府県警察が相談などを受理した海外の偽サイトなどに係るURLなどの情報を警察庁に集約して、セキュリティー対策ソフトベンダーなどに提供することとしました。なお、この対策は、2013年3月から大阪府警察本部が独自に開始した取り組みを踏まえて、警察庁で全国的に情報を集約して実施することとしたものです。

BBソフトサービスでは、警察庁から提供される下記の情報を「Internet SagiWall™」に組み込み、利用者が当該サイトにアクセスしようとしたときに、警告メッセージを表示するなどの方法で、利用者に注意を喚起します。

  • 各都道府県警察が相談・被害届を受理した海外の偽サイトなどに係るURL、サイト名
  • 消費者庁に寄せられた海外の偽ブランド品販売サイトなどに係るURL、サイト名
  • ブランド、メーカーから事業者団体を通じて寄せられた海外の偽ブランド品販売サイトに係るURL、サイト名

BBソフトサービスは、インターネット詐欺をはじめとするサイバー犯罪を防ぐソリューションを提供する企業として、利用者への啓発活動を強化することでインターネット詐欺被害を未然に防ぎ、インターネットの健全化に貢献していきます。

以上