ニュース

2013年

2013年4月16日
BBソフトサービス株式会社

【お知らせ】BBソフトサービス、「SugarSync 2.0」のiPhone/iPad用アプリを提供開始~新たにOpen-in機能を実装~

ソフトバンクグループのBBソフトサービス株式会社(本社:東京都港区、社長:溝口 泰雄、以下「BBソフトサービス」)は、同期型オンラインストレージサービス「SugarSync(シュガーシンク)」の新バージョン「SugarSync 2.0」のiPhoneおよびiPad用アプリの提供を、2013年4月16日からApp Storeで開始します。

今回、iPhone/iPad用アプリの新機能として、Open-in機能を実装しました。Open-in機能により、Gmail™やMicrosoft® Exchangeなどのメールに添付されているファイルを「SugarSync」のフォルダーに保存し、ほかの端末と同期することが可能になります。これまでiPhone用アプリから「SugarSync」にアップロードできるファイルは、iPhoneで撮影した写真や連携アプリ経由によって保存されたファイルに限られていましたが、この新機能の実装によりメールアプリへの対応が可能となり、「SugarSync」のデータ管理の利便性が向上します。

「SugarSync 2.0」の開発に当たっては、クラウドストレージサービス初心者を含むユーザーの利用状況を詳細に調査し、製品設計をゼロから見直しました。iPhone/iPad用アプリの提供開始により、インターフェースのデザインと利用方法がAndroid™ 搭載端末向けアプリと統一され、操作性が向上します。

BBソフトサービスは、今後も「SugarSync」を日本市場で積極的に展開し、便利で快適なインターネットライフを提供していきます。

動作環境

対応機種:iPhone、iPad、iPod touch
対応OS:iOS 3.0以上

「SugarSync」とは

「SugarSync」は、米国で生まれたマルチプラットフォームの同期型オンラインストレージサービスです。パソコンやスマートフォン、タブレット端末など、あらゆる端末に対応しており、デバイスを制限されることなく、写真や動画、オフィス文書などの同期や共有、閲覧をいつでもどこでも行うことが可能です。現在134カ国・地域で利用されており、英語、ドイツ語、スペイン語、中国語、日本語およびイタリア語でサービスが提供されています。「SugarSync」があればデータの場所にとらわれることが少なくなり、ビジネスで仕事の効率化を図りたいというお客さまに強く支持されています。

「SugarSync 2.0」 iPhone用アプリ画面イメージ

新しいデスクトップアプリ
新しいユーザーインターフェース

同期はファイルをドラッグ&ドロップ
ファイル共有などの既存機能はそのまま利用可能

新機能「Open-in機能」

見やすいメニュー
メールに添付されているファイルをタップし、「SugarSyncで開く」をタップ

シンプルなデザイン
アップロード先のフォルダーを選択

フォルダごとの同期設定
選択したフォルダーにアップロード

  • ※SugarSyncは、BBソフトサービス株式会社がSugarSync, Inc.から許諾を受けて提供するサービスです。
  • ※iPhone、iPad、App Store、iPod touchは、Apple Inc.の商標または登録商標です。
  • ※iPhoneの商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
  • ※Gmail、Androidは、Google Inc.の商標または登録商標です。
  • ※このページに記載されている会社名および製品・サービス名は各社の登録商標または商標です。
  • ※このページに記載されている内容、製品・サービスの価格、仕様、お問い合わせ先およびその他の情報は、発表日時点のものです。これらの情報は予告なしに変更する場合があります。