10年後の世界

マッキンゼー・グローバル研究所が公開したレポート※1によると、現在インターネットに接続されているデバイスの数は、
世界で100億デバイスほど。それが10年後には500億から1兆デバイスに到達するとされています。
国連が推計する2025年の世界人口は81億人※2。単純計算で、1人あたり123個のデバイスがインターネットに接続する計算になります。
ひとくちにデバイスといっても、今私たちが手にしているような、パソコンやモバイル、ゲーム端末だけではそんな数字になりません。
そこで登場するキーワードが "Internet of Things"、 IoTです。IoTとはコンピューターなどの情報・通信機器だけでなく、
世の中に存在する様々な物体(モノ)に通信機能を持たせ、インターネットに接続したり、相互に通信することにより、
自動認識や自動制御、遠隔計測などを行うことを指します。

10年後には、ありとあらゆる「モノ」がインターネットに接続したり、相互通信する。
エアコン、冷蔵庫、ポット、体重計、マッサージチェア、車…
全てがつながり、生活や産業を形成していくでしょう。

これからの10年サブイメージ1
これからの10年サブイメージ2
これからの10年サブイメージ3
これからの10年サブイメージ4

※1 出典
マッキンゼー・グローバル研究所(McKinsey Global Institute) 「破壊的革新技術:生活、ビジネス、国際経済を変える進化(Disruptive technologies: Advances that will transform life, business, and the global economy)」 http://www.mckinsey.com/insights/business_technology/disruptive_technologies
※2 出典 国際連合 人口部(United Nation Population Division)「世界人口推計 2015年改訂版(World Population Prospects, the 2015 Revision) http://esa.un.org/unpd/wpp/

BBSSの役割

人間の生き方も様変わりするでしょう。
IoTの世界でやり取りされる情報は、一層パーソナルなものになります。
事業者はどういったデータを収集してよいのか、利用してよいのか。
今まで想定されなかった犯罪も起き得るし、
人間のモラルも改めて問われる。
法律やルール、教育が見直されていくことになるでしょう。
BBSSはそのとき、事業者として何をすべきか。
事業活動を通して如何に「情報革命で人々を幸せに」
していくことができるのか?
その時に備えて私たちがすべきことは、やはりこれまでに培ってきた
経験やナレッジを活かして、
システムを整備していくことだと考えます。

システム
グラフ

BBSS 3つの注力ポイント

安心・安全

簡単・便利

いつでも・どこでも

1.セーフ&セキュリティ

1.セーフ&セキュリティ

IoTの世界でやり取りされる情報は、
一層パーソナルなものになります。
そのときに求められるのは、「安心・安全」であります。
BBSSが最も得意とする分野として、
個人情報を守り、危険な情報にアクセスすることなく
インターネット環境を楽しむことが
できるよう、一歩進んだセキュリティ対策の開発を
進めています。

セーフ&セキュリティ
2.インターフェイス

2.インターフェイス

デバイス=ハードウエアと、
私たち人間とをつなぐもの。
それがソフトウエアの役割です。
BBSSはそのソフトウエアをより
「簡単・便利に」誰もが使えるように考え、
作り上げていきます。

インターフェイス
3.プラットフォーム

3.プラットフォーム

BBSSは、自社開発のソフトウエア
サービスプラットフォームを通じて、
ソフトウエアベンダー、販売パートナーの双方に、
事業を成功させるための様々な提案、
サポートをおこなっております。
様々なビジネスモデルにおける経験とノウハウによって、
ソフトウエアサービス導入・展開に当たっての
煩雑な問題全てに対応することができます。
BBSSとシステム接続するだけで、
ソフトウエアベンダーは全世界の通信事業者や
サービスプロバイダーへの販売チャネルを、
サービス事業者は世界の多様なソフトウエアサービスを、
手にすることができるようになります。

プラットフォーム

BBSSではすでに
10年後へ向けて取り組みを行なっています

AI×セキュリティ

AI×セキュリティ

従来のブラックリストやヒューリスティック検知技術に加え、機械学習によるセキュリティ製品の強化を図っていきます。

IoT×セキュリティ

IoT×セキュリティ

あらゆるデバイス、家電の利用状況を把握し、家の中でも外でも、常に最適なセキュリティを提供していきます。

クラウド×AI×セキュリティ

クラウド×AI×セキュリティ

全てのデバイス、クラウド上のデータをAI技術を使って整理・分類し、1つの画面で管理。多くのデータを安全に、便利に運用できるソリューションを研究・開発します。