1度つなぐだけで
世界とつながる

BBSS

ソフトウエアベンダーはBBSSと1度接続するだけで、
全世界のキャリアなど、サービス事業者を通じた巨大な販売チャネルへ展開可能となります。
またサービス事業者も1度接続するだけで、
世界の様々なソフトウエア製品を会員・ユーザーに提供することができる。
それがBBSS独自のプラットフォームです。

BBSSのプラットフォームの
仕組み

BSSのプラットフォームの仕組み BSSのプラットフォームの仕組み

BBSSのプラットフォームで
できること

コストの削減 各企業間のシステム仕様のギャップを埋め、
システム連携のための開発コストや運用コストを大幅に削減
ライセンス管理 ソフトウェアの年単位の使用期限を、月単位の期限で使用したり、
1ライセンス契約あたりの利用可能台数を設定し、上限台数内でライセンスを他のパソコンに移行させる機能など複雑なライセンス管理を行える機能を提供
マルチデバイスに対応 異なるOSやモバイル端末向けに複数のソフトウェアを1つの
ライセンスに組み込むこともできマルチデバイス、マルチライセンス管理ができる
メーカーの壁を超えた
パッケージ対応
異なるメーカーのソフトウェアを組み合わせた
サービス形態にも対応

主なプラットフォーム
接続パートナー(例)

セキュリティ シマンテック、トレンドマイクロ、インテルセキュリティ(マカフィー)
Saasクラウド ジャストシステム
パートナー 富士通株式会社、NTTコミュニケーションズ株式会社、ビッグローブ株式会社、ソフトバンク株式会社、ヤフー株式会社、Sprint Corporation、Brightstar Corp.
 

1度つなぐだけで
世界とつながる

2014年1月、ソフトバンクは世界最大手※1の携帯端末卸会社ブライトスター社※2の株式を取得し、
携帯端末の調達から販売までのネットワークを
傘下に収めました。
BBSSは、いち早くブライトスターとの協業体制を
構築しソフトウェアサービスビジネスの
グローバル展開を開始いたしました。
2015年3月にはグローバル展開のためのソフトウェアサービスプラットフォーム「mercury™」を
リリース。
ブライトスター社を通じて全世界の通信事業者へ
ソフトウェアサービスの提供を可能としています。

※1 売上高ベース(ブライトスター調べ)
※2 正式社名:Brightstar Corp